バイナリーオプションの「逆張り」手法


相場を舞台にした投資取引には「順張り」と「逆張り」という手法が存在します。
順張りとは、変動している相場のレートの動きに対して、その方向に沿って投資を行う事を指し、逆張りとはレートの動きとは逆の方向に投資を行う事を指します。

例えば、バイナリーオプションでよく用いられる「ハイ&ローオプション」の取引ルールであった場合で、相場の動きが上昇方向になっているケースを想定すると、このまま相場が上がっていくと予測し、「上」に投資をすることが順張りになり、逆に、この辺りで相場が下がるのではないかと予測し、「下」に投資をすることが逆張りになります。

FXなどで逆張りを行う際には、先の例をそのまま使うと、下に下がると予測したにもかかわらず、そのまま上に上がっていってしまうと、そのレートの移動幅の大きさによっては深刻な損失を負ってしまいます。
しかし、バイナリーオプションでは二者択一の選択になっており、当たれば配当金が貰え、外れれば投資金が失われる仕組みになっていて、レートの移動幅は損失の大きさに関係がないために、逆張りは有効的な手法だと言われています。

逆張りを行うためには、そのレートの変動が反転するという根拠を見つけなくてはいけません。
こうしたレートの変動を分析するためには「テクニカル分析」を使う事が効果的で、中でも相場のレートの反転点を探るのに役に立つ「ボリンジャ―バンド」や「RSI(アールエスアイ)」というものを利用すると、予測が立ちやすくなります。

こうしたテクニカル分析を使い分けたり、複数を組み合わせて用いることができれば、その予測精度が高まるために、バイナリーオプションでの取引きの成功の大きな手助けになるのです。