世界中どこにいても簡単に取引が出来る


uuuuFXは、外国為替証拠金取引という名称の取引の事を言います。簡単に言うと、通貨を交換して大きな利益を得る事を目的とした投資の事を言います。FXの特徴は、インターネット上で専用の口座が存在していれば世界中どこにいても簡単に取引が出来るという点にあるのです。

実際、パソコンからだけではなくて携帯端末のアプリを利用して取引が出来るようになっていますので、好きな場所で好きな時間に通貨の取引を行うことができるのです。

では、なぜ通貨を交換することによって利益を生み出すことができるのかと言うと、そもそも通貨の交換の時には為替相場という通貨の相場を参考にすることになるからです。この相場の特徴は、1秒単位で常に変動していることにあります。

通貨の価値は他の通貨の価値と比べられて常に相対的な価値として表示されるようになっていますので、通貨を交換したときの価値が数日後、数ヵ月後もずっと同じであり続けることなどほとんどありません。

これを利用すれば、簡単に大きな利益を手に入れることも可能になるのです。例えば、当日に交換した通貨が1ドル100円だったとしても、翌日にこの通貨が1ドル101円になっていればここに1円の利益が生まれます。

少額の投資ではわずか1円程度の利益はほとんど実感出来ないものになりますので、FXで扱われる取引の単位と言うのは10万円や100万円と言った単位となっており、わずか1円の変動があったときでも数千円から数万円の利益を生み出すこともできるわけです。

それだけではありません。このような多額のお金を一気に用意できなくても、FXには自身の資産を数倍にもすることで、実際にそのお金が手元にあるものとして取引が出来るシステムが存在するのです。

極端な話で言えば、わずか1万円のお金しか持っていなくてもこのシステムを利用すれば手元に10万円、20万円の資金があるものとして取引が出来るようになります。もちろん、このときに得た利益は全て自身のモノになるのです。このように、FXと言うのは資金を用意できない初心者であっても簡単に利益を出すことが出来る方法がいくつも存在しています。

魅力的なのは、相場の変動の幅が少ないことから、株取引などのような値幅が大きい取引と異なって取引における危険性が全く存在しないことにあるのです。資産運用として大いに重宝しますし、気軽に参加出来る性質上、世界中で愛されている投資の一つにもなっています。投資をするのならばFXが最も理に適っているのです。

デイトレード

私がデイトレードを始めたのは、勤めていた会社の仕事がハードすぎてうつ病になり退職した後でした。
妻子がおり、住宅ローンもあったため、仕事をしてない間も少しでもお金を稼ぎたいと思いFXか株のデイトレードをやってみようと思ったのがきっかけでした。

とりあえずFXからやってみることにしてネットで検索、上位に出てきた会社で口座開設しました。
それから数日、デモトレードでツールの基本的な操作などを覚えていきました。
不思議なもので、デモトレードでは連戦連勝したため「実際のお金を運用したら、もう会社勤めをしなくてもいいんだ」という変な自信がついてしまいました。
ほんの数日のデモトレードの後、カードローンで100万のキャッシングをしてリアルトレードを開始しました。
リアルトレードでも勝ちが続き、1週間で資産が倍に増えました。

デイトレードの場合は1日のうちほとんどの時間パソコンに向かっていなければいけませんが、利益が出る時はあっという間に資産が増えます。
通勤ラッシュの電車に乗ることもなく、会社で感じていたプレッシャーもなく、それまでの2か月分以上のお金を1週間で稼ぐことができました。
今ではFXの他にも株や先物取引もやるようになっています。
もちろん、ずっと勝ち続けるということはなく、大きな損失を出す時もあります。
それでも収支は悪くなく、サラリーマン時代の何倍もの収入を得ています。

ただ、親類縁者にはトレードで生活しているとは言いにくいのが難点だとも感じています。
やはりギャンブル的なものだという風潮が根強くあり、実の両親にもフリーランスで仕事をしていると伝えている状況です。
それと、特にFXに関しては相場が動くのが日本での夜中の時間帯になるので、けっこう昼夜逆転の生活になりがちです。
そうすると、せっかくサラリーマンを辞めたのに、家族との交流の時間はものすごく増えるというわけではないです。
土日はマーケットが開いていないので、休日出勤が多かった私はトータルでは増えていますが。
このようにデメリットも多少感じることもあるというのが正直なところですが、それを補ってあまりある恩恵を受けているので、もうサラリーマンに戻る気はありません。

私の場合は、仕事も辞め、たいした貯金もない状態でカードローンのキャッシングを元手に始めましたが、デイトレードを始めてみようと思っている方には、まずはなくなってもいいくらいのお金で始めることをオススメします。